大手の引越し業者はやっぱり高い?

クロネコヤマトでの単身引っ越し風景もよく見ますが、どのくらいの料金なのでしょう?昔と違って複数の引越し業者にどのくらいかかるか値段をきいて業者を選ぶことがほとんどだと言えます。クロネコヤマトと他社とで料金的には大差はないかもしれません。でも、プラスαの特典があったり、作業員の教育が行き届いていると喜ばれています。引越し先で近所の家へ挨拶に行くのなら、引っ越したらすぐに行った方が喜ばれると思います。

引越しの騒々しさで、迷惑をかけたお詫びも兼ねて、丁寧に挨拶をしておきましょう。引越し先の家へ荷物を運び入れる前に一言声をかけておくのもいいかもしれません。どんな状況であっても、できるだけ早めに挨拶に行った方が、近所付き合いが楽になります。以前、引越しを経験しました。

引越し専門の会社に頼みましたが、そうは言ってもやっぱり大変でした。

苦労させられたことはというと、ありとあらゆる手続きです。
住む自治体が変われば、印鑑証明請求のための印鑑登録も必要とされました。

まず使うことはないのですが、とりあえず登録しておきました。引っ越ししてしまったら、何かと手続する事があります。
市町村役場でなさるべき事は、住民票に健康保険、それに印鑑登録などのものです。
もし、ペットの犬がいるのであれば、登録変更の必要がございます。

単身の引越しは会社によって様々なプランが用意されています。安い料金でしたいなら自分の荷物や内容にあった業者を見つけることが大切です。

ヒント:引越のプロスタッフ
プロスタッフの単身引越しのサービスをパック料金で格安に提供しています。

2tトラックを使いながら基本料金で運べる量は大物4点と小物20点とたっぷり。この荷物量は大手単身パックと比較しても2倍程度と格安料金ながら大容量なのが好評です。

これより安かったり、同価格帯でも運べる荷物量が少なければ、かえって追加料金によって総額が高い場合もあり得ます。あなたの荷物量がどれくらいなのか判断して、どの単身引越し業者がお得なのか見極めるのが大切です。

プロスタッフの単身パックでは引っ越し専門スタッフによる作業もおすすめの理由の一つです。普段から家族用の重い冷蔵庫やタンスを運搬している作業員だから一人用の軽い冷蔵庫や洗濯機なんて、より安全に扱えます。この作業技術を考慮すれば、より安い料金だと感じることができるはずです。

お荷物である家具や電化製品も引越し専用資材で梱包するので、運搬時の傷を防ぎます。一口に引越し業者と言っても単身の場合、忙しいだけ業務を請け負うようなにわか業者が多いのも事実です。そういった業者に依頼した場合、作業にも慣れていないし、引越し専用資材も持っていないことがあるため、荷物はもちろん家屋にまで傷をつけられる可能性も高いのです。

単身引越しの業者を選ぶ場合、格安の料金だけでなく、その業者が本当に信頼できるのかを見極めましょう。

プロスタッフなら単身引越しの長距離便も格安費用で依頼できます。関西と関東に拠点を置き、混載便や帰り便を積極的に集めることで高速輸送におけるコストダウンを実施し、長距離引越しを格安でできるようになりました。

単身引越しならではの学生さんの帰郷や状況、単身赴任の際にとても便利なプロスタッフの長距離便はいかがですか。